王拯治療室ヒストリー

王拯治療室ヒストリーhistory

王拯にこめた思い 〜屋号の由来〜

創業者中村朱見が開業する際に漢文好きの先輩に名付けてもらったそうです。

創業者 中村朱見
王 左右対称で底辺がしっかりしている文字。
揺らがない、傾かない。
拯 英訳すると動詞のsaveの意味にあたります。
God save the Queen!の“save”です。

そして中国でもやはり動詞として「拯救被圧迫人民」(虐げられた人々をすくう)などという際に用いられています。日本では「拯済無辺極濁悪」(地獄行き沈みゆくものをすくいあげ苦海を涅槃の岸にわたす)という仏典などにもちいられています。

沿革

  • 1987年 創業者・中村朱見によりさいたま市南区沼影にて開業
  • 1989年 さいたま市桜区田島に移転
  • 1991年 東京都北区東十条に上部頸椎専門院「中村オフィス」を開業
  • 1994年 2院統合のためさいたま市浦和区岸町に移転・増床
  • 1999年 業態変換のため閉院
  • 2003年 創業者次男中村晃慈郎によりさいたま市桜区田島にて再び開業
  • 2004年 イタリア・Reggina Calcioトップチーム視察
  • 2010年 アフリカワールドカップ視察
  • 2011年 院内にて腰痛予防改善ストレッチレッスン事業開始
  • 2012年 イタリアAC Milan 育成部門(vismala traning center)視察
  • 2014年 ブラジルワールドカップ視察
  • 2015年 ハワイ大学医学部解剖実習受講